ラ・リューヌ登山列車|バスク地方

北スペインのバスク地方
ピレネー山脈の西端が大西洋に沈み、スペインとフランスが隣り合う場所に、
海と山の景色を満喫できる登山列車があります。
バスク地方の伝承に幾度となく登場する「ラ・リューヌ峰(905m)」を走る「ラ・リューヌ登山列車」です。



山麓駅を出発

ラ・リューヌ峰はフランスのピレネー=アトランティック県とスペインのナバラ州に跨っています。登山列車はフランス側にあり、最寄の町はサール(Sare)。山麓に佇む小さな村から約4㎞離れたところに、山麓駅が佇んでいます。

昔ながらの趣を残す駅舎。


車窓から眺めるバスクの自然

木造の列車に乗り込み、出発進行!
ピレネー山脈や周辺地域の松やクルミの木で造られた列車には、木の温もりがあります。
しばし、車窓からの眺めを楽しみましょう。

  • 距離 4.2km
  • 片道 30分
  • 山麓駅の標高 169m
  • 山頂駅の標高 905m

バスク語でラルンは”良い牧草”という意味。

前方から下山する列車がやってきました。

緑豊かなバスクの大地を一望。

列車の代わりに歩いて登山もできます。

時速9㎞でゆっくり進みます。

遠くに大西洋が見えてきました。


山頂駅に到着

列車が山頂駅に到着しました。階段では下山列車に乗る人びとが長い列をなしています。

往路の列車は約40分おきに出発します。

遠足で来ていた子どもたちが手を振ってくれました。

列車が登ってきた坂道。よく見ると線路が3本あります。

フレンチ・バスクと大西洋を背景に停車する列車。


山頂でのアクティビティ

標高905mの山頂では、様々角度から360度の大パノラマを楽しむことができます。

散策路は家族連れで賑わっています。

カフェ・レストランで一息つきましょう。

大展望台からはピレネーの稜線を一望できます。

東側。晴天時はピレネー山脈のピック・ドリー(2017m)が見えます。

北側。サン・ジャン・ド・リュズやビアリッツ、バイヨンヌが見えます。

西側。スペイン・バスクに位置するハイスキベル山(547m)が薄っすらと見えます。

 

短時間でバスク地方のフランス側とスペイン側を満喫できるラ・リューヌ登山列車。
自然が好きな方にお勧めです。


旅のヒント

アクセス サン・ジャン・ド・リュズからバス発着 «HEGOBUS »
所在地  Col de Saint-Ignace 64310 Sare France
乗車料金 大人往復20€/大人片道17€
乗車券  オンラインで購入可
公式HP     Le Train de la Rhune (クリックするとHPへジャンプします)

※2021年シーズンの情報です。

 

PAGE TOP
error: