エン・デスティーノ代表のマリア・スーシンは、小さな頃から旅好きな家族とともにスペイン国内はもとより、モロッコ、エジプト、イタリア、トルコ、チェコなどの近隣諸国を巡りました。

旅を通して得られる豊かな経験を実感し、大学卒業後マドリッドやマルタ共和国で旅行業に携わった経験を経て、様々な土地を見て歩くなかで故郷アラゴンの魅力を再確認し、2012年ウエスカ市にエン・デスティーノを立ち上げました。

1人で始めた旅行会社は、ウエスカ市観光業務の受託や国内外での取引により地道にその根を張り、現在は、アラゴン州に留まらず北スペインの魅力を発信する旅行会社となっています。