ピレネー日帰りハイキング|エスカリージャ

夏真っ盛りのピレネー山脈へ日帰りハイキングに行きました。
目指すは、中央ピレネーのテナ渓谷です。6月下旬に訪れた谷と同じ場所です(久しぶりにピレネーへ)。


9時にウエスカを出発し、10時前にエスカリージャに到着です。テナ渓谷の中央部に位置する、ピレネーの避暑地です。バカンスシーズンのため、6月に比べて沢山の人がいました。屋外でのアクティビティが楽しめる大自然とあって、今年はピレネーやピコス・デ・エウロパ国立公園田舎の小さな村へ出かける人が多いようです。

この日のハイキングコースはエスカリージャ村とサルド滝の往復です。行きは、村から山道をひたすら登り、帰りは羊飼い用の道路を村まで下るルートです。標高差420ⅿ、往復6㎞、14時のお昼ご飯時を目指して村に戻ってくる予定です。

天気は快晴、最高気温は34度。往路の登りは急な箇所や小川はあるものの、木陰が多いため、暑さを気にせず進めます。標高1120ⅿの村からひたすら登り続けます。

ピレネー山脈で日帰りハイキング

右手に流れるエスカラ川を上流へと登っていきます。

ピレネー山脈で日帰りハイキング

登り道の途中には小川が流れていました。

 

前方では石灰岩の巨大な岩壁がみるみるうちに迫力を増し、後方ではテナ渓谷の山並みが徐々に全貌を表してゆきます。足元には、アザミやカンパニュラなどの高山植物や岩石が次々に登場します。登り道はきついですが、風景の変化が楽しめます。

ピレネー山脈で日帰りハイキング

進行方向には巨大な岩壁が。

ピレネー山脈で日帰りハイキング

岩壁の間にある小さな峠(ポルティージョ)。

ピレネー山脈で日帰りハイキング

後ろを振り返るとテナ渓谷の美しい山並みが広がっています。

ピレネー山脈で日帰りハイキング

標高2000ⅿを越えると森林限界に入り、牧草地帯に代わります。

ノコギリソウの花畑

タイムの花

スレート

 

ピレネー山脈で日帰りハイキング

サルドの滝

 

1時間ほど登ると、羊飼い用の道に出ます。
ここから平坦な山道を30分ほど歩くとサルド滝に到着です。
透き通った水が、浸食を受けた岩から降り注ぎます。

滝を眺めながら、しばしの休憩した後、復路につきます。
山道を羊飼いの道まで戻り、そのまま道路を下ります。

往路に比べ視界が開けているため、
同じ谷ですが風景を別の角度から楽しめました。
同じくテナ渓谷に位置するパンティコッサ村とそのスキー場、
更に奥には3000級の峰々が青空をバックに連なっています。

ピレネー山脈で日帰りハイキング

羊飼い用の道路を下って町へ戻ります。

ピレネー山脈で日帰りハイキング

エスカリージャ(手前)とパンティコッサ(奥)

 

1時間ほどで下山。丁度、お昼時の14時です。
町外れの公園でピクニックランチとシエスタをして、パンティコッサへ向かいます。

 

PAGE TOP
error: